漢方の先生と西洋の先生に聞くことの違いは?

病院に行くといつも先生から聞かれることより、先に自分は言いますね。

大体:熱は何度?血圧はどのぐらい?どこが痛い?

すでに病気になった時のことでした。

でも、漢方の先生の所に行くと先生からいろんなことを聞かれます。

初めて漢方の先生に聞かれ、「へぇ?これも聞かれるの?どう答えるの?」と困ることがありませんか?

実は漢方の先生はわずかな体の情報をとられ、五臓六腑のバランスのことを全体をみるため、いろんなことを聞くのです。こちらはすべて大切な体の情報です。

漢方のお医者様の問診内容は大体この感じです。

問診の内容

1)一般状況(姓名・年齢・性別・婚姻・職業・住所)

2)生活習慣、飲食の嗜好

3)家族歴、既往歴

4)現病歴(発病[原因と結果]・治療経過)

5)現在の症状(現症)

  寒熱・汗・頭身・胸腹・耳目・睡眠・飲食と味覚・二便・女性の生理・妊娠・更年

  期状況

 ここでは、問診の中でも最も重視される現症について取り上げる。

例えば、体温について西洋の先生は「熱がある?何度ですか?いつから?」だけを聞くんですが、漢方の先生は悪寒と発熱の有無を質問する。

漢方の先生は具体的には、悪寒と発熱がともに出現するのか?あるいはどちらか一方が出現するのか?ほかに、出現時間、寒熱の軽重と特徴、兼証などを質問する。

中医学的概念というと

●悪寒とは……(畏寒、悪寒との区別) 悪寒 寒けを感じ、暖かくしても収まらない 畏寒 寒がる。暖かくすれば治まる 悪風 軽度の悪寒

●発熱とは…… 体温が正常体温より上昇する。あるいは全身、もしくは体の一部分(五心煩熱*等)に発熱を自覚する。

*五心煩熱:五心とは、手のひら・足のうら・胸中を指す。手のひら足のうらに熱感があり、心煩を伴うことを五心煩熱という。

●寒熱のパターン 悪寒発熱、

但寒不熱、

但熱不寒、

寒熱往来の4種類をみるなどなど!

治療と養生という診る視点も違うので、自分の体と向き合う時、使い分けて診る方がおすすめです!