top of page

春先の冷えに「よもぎ温補」をするのは知っていますか?

万能役としての「よもぎ」を原材料として使い、専門用具「お盌(わん)」に入れて、火をつけて、じっくり、ゆっくり体の必要な場所を温め、「気持ちも緩めて、体の巡っている感じ」をすると体験者からの声でした。


よもぎ温補は気軽、身軽、手軽で体を温めることができ、使用者は 体におわんをつけて、温めながら、家事をしています。「家事をしながら火事をならない」と安全性を笑いながら教えてくれました。


冬を越えて暖かくなった春はまだ気温が低く、冷えが気になる季節です。この週末雨でより一層冷える感じしました。


春の冷えに体の不調を感じる人が多くて、主な症状が以下です。

  1. 手足の冷えやしびれ感 春の気温変化により、末端の血流が悪くなるため、手足が冷えやすくなり、しびれることがあります。

  2. 冷え性 春はまだ気温が低く、風も冷たいため、体が冷えやすくなります。そのため、冷え性の人は、体の芯から温める食べ物や運動などで、体を温める必要があります。

  3. 頭痛や肩こり 血流が悪くなると、血液が集まることで、頭痛や肩こりが起こることがあります。

  4. だるさや疲れ 春先は寒暖差が大きく、体の調整が追いつかないため、だるさや疲れを感じることがあります。

  5. アレルギー症状 春は花粉症の季節でもあり、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど、アレルギー症状が出ることがあります。

 **気軽、身軽、手軽で冷え改善 家族の健康と幸せをサポートするiCassa 愛かっさ**


特集記事
最新記事
​カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page