寂しなぁ〜と感じる人にどうして温める方がいい?

寂しいから、なかなか寝付けなくて、あれこれを考えすぎて落ち込む夜がありますか? 


その寂しさをさせてくれたのは体の冷えが一つの原因になります。


人間の体は 体温を一定に保つため、自律神経が働いています。自律神経とは、活動中や緊張しているときに作動する交感神経と心と体を休ませる副交感神経のこと。この二つはうまく機能していれば、良いのですが、切り替えばうまくいかないと血行が悪くなり、冷え性に繋がります。


体温が下がると副交感神経が働きにくくなり、気持ちが落ち込んだり過剰に不安を感じたり、積み重ねと不眠を起こします。子育て中のママたちや40代後半からの女性も男性もどうしても頑張りすぎて、休んでいるつもりでも交感神経神経がバリバリ働きまくり! 心も体も休まず、副交感神経優位で感じるはずの穏やかなリラックスモードに入れないことが多いです。だからこそ、心が不安定になりやすい。


体をぽかぽかしてみて、不意の寂しさもホワット溶けて行くことを体験してみてください!


温泉はもちろんいい、お風呂もいい、まず、温めることが先決!


お勧めしているのは「よもぎ温補」です。そのじわ〜と温かさをきっと心を緩めてくれる!「やりたいことも後回ししなくなって、すぐ動ける勇気が湧いてくる!」と!


これは温人プロジェクトの温人チームの仲間たちの経験から得た言葉です! 


皆の幸せと健康をサポートする 愛かっさです!







特集記事