あなたの口にどんな味にする?七種類の味からみた五臓ーその1

口に食べ物がないのに、口に味があるような気がすることがありますか?実は口の味は健康とすごく関わりがあります。不調は先に口がわかっています。


春が終わりごとに初夏の現在は少し苦味があるような口当たりをする人が多いです。口が苦い味するなら、肝胆蓄熱 胃腸の負担があって、心火上炎のことになります。症状から見れば、頭痛やめまい、イライラして、落ち込み激しい、舌質は赤っぽくなっていることをみえます。


アドバイス:

食事やお茶でも少し苦味があるものを物を取るほうがいい。ゴーヤー、冷たいお茶、菊花のハーブティー、苦丁茶をお薦めです。緑の葉っぱ野菜もいいです。


レシピ

1。お豆腐入り白菜鍋(スープ)

鍋の定番、豆腐と白菜、そして豚肉や鶏肉をだしで煮るだけのシンプル鍋です。温まります。




2。ゴーヤとじゃこと梅の和物

ゴーヤは苦味があるもので、梅は酸味があって、夏は人気者になります。



特集記事