身体の「梅雨明け」が欲しい

今年の梅雨が長いですね。7月末になっても、関東はいつ梅雨明けかを読めなくて、体もジメジメしすぎて、辛い!

梅雨で体に与えたダメージは?

・湿気が多い

 * 湿気は胃腸のはたらきを鈍くする

   ==>感じる症状はおなかの重さ、便秘下痢など「なんかおかしい」

 * 気持ちもだるくなる 明快な考え方ができなくなって、くよくよ

   ==>ぱっと行動に移れなくて、ぐずぐず

 * 流れがよくない

   ==>疲れがとれにくい、だるい

 * 湿気が体にたまりやすい

   ==>むくみ(脚だけでなく全体にも)が出る

   ==>関節の痛みが出やすい

   ==>動きが悪くてぎっくりすることもある

・気温差が激しい

 * 知らない間に疲れている

   ==>冷えやのぼせが出やすい

   ==>晴れ間には熱中症になりやすい

自分の体が「梅雨明けして」という悲鳴あったら、しっかり聞いてね!

本当で言えば、この悲鳴が上げる前にしっかり養生をしておけば、梅雨時期の辛さがぐんと下がりますよ。

梅雨時期だけのよう情報ではないですが、養生は暮らしの一部になった方が体に負担が減る、長生きというより、元気で気持ちよく暮らせるでしょう。 日々の養生法ですが 体調を整えるには「運動・食事・休養」を大事です。

愛かっさの「かっさ」で凝りをほぐし、血行の巡りをよくする

愛かっさのカッピング」陰圧の力で、身体がいらないものを取り除く、

      しっかりデドックスする

愛かっさの「よもぎ温補セラピー」でよもぎの力で温めて、身体が必要なものを補う

これは愛かっさの伝統手技の3本柱

愛かっさは皆の健康と幸せな暮らしに役たちたい!

#体がおもい身体の悲鳴iCassa #梅雨明け風愛かっさ体がだるいむくみ

特集記事
最新記事
​カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​お問い合わせ | info@icassa.jp03-3741-8086 - 東京都

  • Facebook
  • アメブロ

Copyright (c) icassa.jp 2017. All rights reserved.