夏至の日から「やかんの火」を消せないで