コロナ時期に耳かっさ+耳温補

中国最古の医学書『黄帝内経』には「耳は宗脈の集まりなり」という言葉が書かれています。宗脈とは総脈の意味で、「耳には多くの経絡が集まっていて、生命活動や健康維持においてとても重要だ」といえます。耳に内臓の反射区と110個ものツボがあり、あんなに小さいのに、ちゃんと内臓の状態を診ることに用いられることがあります。耳ツボ療法などは即効性があることなども知られています。

現代医学も耳にはリンパ液が溜まるダムのようなものがあります。時々かっさしてあげたり、耳をよもぎ温補セラピーで温めたりすると内臓機能活性化や自律神経のバランスを整えることや脳全体の血流を促進させることに繋がると考えられています。

目の疲れや顔のむくみ、鼻詰まり、不眠まで症状の悩みの方にすごく役立つことです。コロナ時期のストレスレスに免疫力を高めることにぜひおすすめです。

耳かっさ+耳温補=ストレスレス、ぐっすり眠れる夜に間違いない!

メニューにないオリジナルの耳かっさと耳温補手技はとても人気がある。愛かっさの隠し味見たいのものですので、チャンスがあったら、ぜひの体験を!


特集記事