Stay Home の肌がカサカサ、化粧のり悪いは体が何を伝えていますか?

April 13, 2020

「Stay Home にして、外や紫外線浴びもしていないのに、肌がカサカサ、化粧のりも悪くなった。ずっときちっときていた生理が遅れて、頭がぼうっとすることが多い。鏡をみたら、少しくすんでいた目のくまが、はっきり、くっきりとくすんでいる。腰の冷えがひどくなって、今まで気づかなかったが、太腿、お尻を触ると冷たい!お風呂に入っても温まらない。逆に十半身熱っぽく感じ、特に首から上はのぼせることが増えた!また40歳に入ったところで更年期ではないですよね」と聞かれたママはいます。

 

「Stay Home にしなければならないですが、しないと自分は外に行けられないですよ。

やる気や気力がどうしようもなく弱くなった。集中力が続かず、細かいことでイライラしやすくなった。外に買い物にいくと目眩やふらつきを感じるようになった。昼間にくたくたで眠いのに、夜になると目がさえてなかなか寝づけない日が多いです」と50代のママは言います。

 

明らかに、二人とも体の中のどこかでバランスが狂ってきている気がします。家族全員は家にいると毎日の三食、気遣う、家族の誰かおうちにいないと心配がいっぱい!これは「気」の激減や消耗していること、そして、肌荒れや生理不順、忘れがちなどもあることが「血」の消耗しすぎると考えられますね。

 

愛かっさはコロナ不調に対して「四つの必殺技」があります。

❶「捨てる」:

マイナスな気持ちを捨てる。体にたまった余分なものをカッピングで捨てる!

 

❷「さらさら流す」:

カッピングの力で血液やきをさらさらながし、綺麗な体内を維持できるように流す

 

❸「補う」
体が足りないものを食事とよもぎ温補セラピーでじっくり補うと潤う

 

❹「バランスを調える」

家族とのお話し合い、手当てのし合い、家族と自分の体の不安・ストレスなくす、全体のバランスを調える

 

ママの顔かっさを受けると肌荒れにも、ストレスにも解消と繋がることで副作用もなく、福作用がいっぱいがある!ぜひお試ししてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

携帯式愛かっさ「かっさプレート」誕生

January 4, 2018

1/2
Please reload

最新記事

June 18, 2020