立夏に女性はすべきこと

今日、立夏。

夏の始まりの時期です。

この季節は、陽気が盛んなため 人も植物も自然界の活動は活発になりますが、成長な時期です。

暑さと湿気によって私たち人間は気分が落ち着かず、精神的にも不安定になりがちです。

五月に入り、大型連休が終わり、皆疲れたり、今ひとつやる気がわかず、心の疲れもみられます。

暑さも 心(血液循環・自律神経)のはたらきに影響を与えるためと考えられ、

「心」の「血」と「気」の不足によって引き起こされる原因になると見られています。

「春夏養陽」!

古代中国では、人々は「立夏」を大変重視していたと言います。

この時期から「引火帰元」も一つ養生改善方法としてお勧めします。「よもぎ温補セラピー」なら、心経と心包経のケアが大事です。

このような症状:顔面の紅潮・めまい・耳鳴り・口舌の糜爛・歯痛・腰や膝がだるく力が入らない・両足の冷えの方にお勧めするのは「清熱滋陰、養心安神、清淡料理、養胃健脾」。

つまり 体の余分な熱を取り除き、必要な潤いを守ることで心を養い、神も安らぎます。 料理の味を薄めにし、 さっぱりすることで胃腸(脾)を養い、機能もアップできたらいいですね!

これから陽気が旺盛になる夏に向けて、ココロとカラダ、バランスを整えて

元気に過ごしましょう。

#iCassa愛かっさ #立夏女性膝痛不眠

特集記事
最新記事
​カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​お問い合わせ | info@icassa.jp03-3741-8086 - 東京都

  • Facebook
  • アメブロ

Copyright (c) icassa.jp 2017. All rights reserved.