愛かっさのかっさを学ぶ意味とは?

April 16, 2019

iCassaのかっさ講座はただのかっさ手技を伝えることではなく、漢方と中医学の由来、違い、考え方、暮らしに役立つ東洋医学の知恵、食養生法や呼吸法などその都度、季節や受講生によって、入れかえています。

 

一つのテーマを手軽に学ぶ一回完結の公開講習が、一つ部位を集中して、自分や家族の体の悩みを解消できるから、家族を大事にして、健康や美容に興味をもつ女性たちにとても人気です。

 

受講している生徒は30代から80代まで。なかでも、資格を取らない人はおよそ60%ぐらいを占めています。いますぐ仕事につなげるためというより、自分の健康、家族の健康に役立てたいという理由の方が多いです。

 

その背景は、やはり家族が病気になった、親の介護があった、周りに大切な人が亡くなったなど、健康について考えさせられるようになる、家族が病気になったら困る、自分が倒れたら、家族が困る!という深い実感の背景があるからこそ、遠くからでもきて、とても真剣で必死に学びと練習に来ています。

 

そして、愛かっさを学びに来ている方達同士でお互い健康になる経験や知恵を分かち合い、健康ありの家族の幸せを自分の手しか入れないことなど気づくようになりました。

 

かっさを学びの最初と最後では、お互いの表情、顔色、やる気、幸せ感も変わったことを見えます。「家族がちょっと体調を崩していた時に、手に入れた中医学知識やかっさの実技で手早く崩している体調を整えることができて、その場で、軽くなって、次の朝回復して元気に会社を通える、学校をいける、実の暮らしに役たった」と嬉しい報告がよく耳にします!

 

愛かっさのかっさは皆の暮らしに力になりたいです!

 

『一家に一人かっさができる人を増やしたいです!』この想いで、全国にいる愛かっさの仲間たちと力を合わせて愛かっさのかっさを広めたい!!

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

携帯式愛かっさ「かっさプレート」誕生

January 4, 2018

1/2
Please reload

最新記事

June 18, 2020