夏バテバテを脱つ、秋ガサガサを予防

August 17, 2017

暦はすでに秋になりました。夏によく頑張っている人はやはり自分のケアをする暇もなく、今頃体調はついていけなくて、困っている人が少ないないです。

 

夏バテの症状はこのように

●食欲ない、体が重だるくて、なかなか疲れが取れない、

●下痢や便秘があって、胃腸の働きが悪くなって、栄養分をしっかり吸収できない、

●立ちくらみ、めまい、むくみ、吐き気、イライラ、無気力、精神的な症状がみられます。

●ぐっすり睡眠を取れなくて、目がすぐ覚めます。長い秋の夜明けをイライラ待つ

 

この症状がある方は「夏バテ」に注意することが必要です。脱夏バテバテしたいなら、まず、夏バテの原因をわかる方が改善しやすいです。

 

夏バテの原因:

「暑邪(暑さ)、湿邪(湿気)、寒邪(冷え)」が主な原因です。

暑邪は「心」「肺」に、湿邪は「脾胃」に、寒邪は「陽気」「肺」に、それぞれ体に悪い影響を与えます。

 

今のところで体調を良く整えれば、もちろん、秋も、冬もずっと元気に入られるよう 楽に楽しく過ごせるよう。

 

愛かっさの長い年月の経験で、皆様に愛かっさの三本柱でのケアをオススメします。

 

1、愛カッピング

夏バテの暑邪を「愛カッピング」で抜き出す!一発で すっきり!

2、かっさ

それから、残っているコリをしっかりほぐし出す、徹底的!

3、よもぎセラピー

じっくり、ゆっくり「よもぎ温補」芯から冷えを追い出す、じわ〜と内面から温める!消耗した陽気をよもぎの力で四肢を充実させ、身体を動かせるエネルギーを補充になる。

夏から秋への季節の変わり目を上手に過ごせるように皆様の身体ももっと大切にするように「身体のケア」をしてね。

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

携帯式愛かっさ「かっさプレート」誕生

January 4, 2018

1/2
Please reload

最新記事

June 18, 2020