春先の悩み②眠気

「春眠」などと呼ばれるように、春になって暖かくなると、心地よさで眠くなることがありますが、

一度目が覚めたら、なかなか続けて寝れない方が多いです。昼間の1日も眠気と闘う人も少なくないです。


寝れない理由のその1つに、ストレスによる不眠があります。新しい職場や学校など、環境が変わったことによる緊張や不安により、交感神経系が興奮してなかなか寝つけない、寝てもすぐ目が覚める、といったことから睡眠不足になることがあります。また、本人はきちんと睡眠をとっているつもりでも、眠りが浅くて体が十分に休めていない場合も考えられます。


ぐっすり寝れるように 寝る時間になったら、寝れるようにしたいなら、まず、しっかり体のリズムを整えましょう。最初の整えはキツイと思いますが、5分ぐらいのかっさで頭をすっきりして、眠気を払いましょう。


根本的に改善したいなら、体の冷えをとってから、巡りの循環がよくして、気を補って、満ち溢れるほどなれば、自然に体のリズムに合わせて五臓の働きをしっかりしてきて、睡眠の改善を導いてくれますから!


できるなら、体の本来のリズムに合わせて、よる9:30に就寝できるようにした方がいいです。

9:30なら「ぐっすり」の語呂合わせになってますね。覚えやすいでしょう。




特集記事
最新記事
​カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​お問い合わせ | info@icassa.jp03-3741-8086 - 東京都

  • Facebook
  • アメブロ

Copyright (c) icassa.jp 2017. All rights reserved.