top of page

春の冷えにどこを温めればいい?

春の冷えに温める場合、先ず、下腹部や足の三陰交(さんいんこう)など、体の中心にあるツボを刺激することが効果的です。


下腹部にある「関元(かんげん)」というツボは、体の中心に位置し、腎臓や腸など内臓を温める効果があります。


足の内くるぶしの上にある「三陰交」は、血流を良くし、体を温める効果があります。


また、足の裏には、身体の全てのツボが集中していると言われています。足の裏を温めることで、全身の血流を良くすることができます。

「よもぎ温補」をお試しおすすめです。 「お灸のようにお灸ではない、煙がない、臭わない、火傷しない」

「ホットストンのようにホットストンではない、ストンの温度のように徐々下がるのではない」と体験者からのコメントでした。


** 家族の健康と幸せにサポートする 愛かっさ iCassa **




Comments


特集記事
最新記事
​カテゴリー
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page