冷えは女性だけですか?男性冷えの増加した原因

冷えは女性の悩みというイメージが強いですが、最近ある理由から男性は冷えを悩む人が増えています。男性の冷え特徴は「末梢部位の冷え」です。


その原因を探すと解った原因は:

① リモートワーク

もともと男性は冷えしょとは無縁と思われることが多いのでは無いでしょうか?しかし、年齢を重なることに冷えに悩む男性もいますが、コロナを機にリモートワークが冷え性の原因になっています。


自宅で長い時間を過ごしているうちに運動量が減っていて、その結果は筋肉量が低下してしまい、全身の血行不良になっている。筋肉は血液を全身に送るポンプの役割があり、血行をよくしてくれます。


② 食事

「リモートワークになってから太った」というパパの声が多くない?

職場へ持っていたお弁当なら、決まったお弁道箱に入れており、食べる量も決まっている。

外にお昼に行っても、ランチセットも決まっている量です。

家にいると手抜きしたり、食べる量を決めなかったり、ついついお目に食べてしまうケースが多いです。そして、自宅にある素材で作るとしても、偏るものが多いです。バランスよく食事を保つことがなかなか難しくなり、めんとくさくなりがちです。


③ 自律神経を乱すリモートワークのストレス

リモートワークで「仕事のONとOFFがはっきりと切り替えない」ことが自律神経のバランスの切り替えに悪影響を持ってきました。お仕事が終わってもなかなか気が休めない、常に交感神経優位になって仕事モードが続き、ストレスが溜まってしますことになります。


交感神経とは、身の危険を感じた時に戦ったり、逃げたりする際に活性化する自律神経。緊張時、手足の血管を収縮して、心臓や肺に血液を集中させる働きがあるそう。


例えば、極度に緊張したりストレスがかかったりすると顔が真っ青になります。これは皮膚の血管が収縮して血の気が引いている状態です。そこまで極端な緊張でなくても交感神経が優位の時はストレスがかかっているので、末梢の毛細血管が収縮して手足が冷えてしまうのです。交感神経優位のままでは、夜の熟睡もできなく、睡眠不足もつながります。本当に悪循環になってします。



冷え性は甘く見ると 仕事にも支障が出るし、冷え続くと健康にも大きなダメージもある。次回男性の冷え改善法を紹介します。







特集記事