パパの冷え、男性の冷え解消におすすめするポイント 

前日 男性の冷え、パパの冷えの原因を探りました。いよいよ改善法を一緒に探しましょう。


日本の社会にもちろんですが、ご家族にパパは大柱ですよね。パパが病気になるとパパが一番辛いですが、家族を支えることができなくなり、会社にご迷惑と思われることが多いです。日々いかに元気を保つことが実はパパたちはそう思っています。


コロナ禍で自宅にお仕事をしているので、定時をすぎても仕事をする人が多くて、Stay Homeで自宅から離れることが少ないし、ついつい運動もしなくなっています。運動しないと冷えの原因になります。この前の記事に書きました。ご参考に。


今日、改善にお薦めすること:

1。規則正しく生活リズムを保つこと

通勤がなくなったから、ギリギリまで寝ることが多いですが、定時に起きること、体を動くことが大事です。朝の太陽を浴びると目が覚めて体内時計が整えるので、朝の散歩なら、公園や道の小花から季節感も楽しめるし、爽やかな1日が始まるように意識的に体を動かしましょう。



2。バランスよく食生活をきちっと食べること

自宅にいながら、いつでも食べ物があるので、おやすつを食べてしまえば、食事の時間になってもお腹が空かない、食事の時間がズレると全ての時間もずれてくるので、生活が乱されることになります。

特に朝、昼、晩の3色をきちっと食べると仕事のオンオフの切り替えにつながる。

体が温まる食材を取り入れることがもう一つのコツです。生姜、ニンニク、玉ねぎなど体を温まる栄養素を意識手に取りましょう。ニンニクがある食事なら、出勤時なかなか取れないですが、在宅なら、チャットのチャンスのではと思います。


少量のアルコールが副交感神経を優位にして真っしょの血管を広げることがわかるので、冷え対策にもなりますが、少量アルコールをお薦めです。


3。積極的に冷え改善

愛かっさの仲間達のご家族のリモートワークをしているご家族は冷え対策として、お仕事をしながら、「よもぎ温補のおわん」をパパの腰、お腹、股関節の内側、足元に置いたままにしてあげる家族がいます。リモートワークをしながら、服を着たまま、体を温まれるから、ほんわりとの温かさで「落ち着いて対応できるから、イライラ解消でお仕事にもいいです」とのコメントもありました。「パパがあっての私たちだから、手軽でパパのケアができたことが嬉しいです」とママのお話しです。


通勤生活に慣れていた私たちは コロナ禍で影響で働き方は確実に変革期に入っているので、よりフレキシブルに対応が必要です。快適にリモートワークができれば、冷えの悩みもお仕事の悩みも解消できるかもれしれないです。


冷えを甘く見ると仕事にも支障をきたす。温かくなってきた今こそ、男性の冷え、パパの冷えを改善するチャンスです。体温が1度上がれば、免疫力が37%アップできますので、日々手軽・身軽・気軽にできるよもぎ温補セラピーをお薦めです。万能薬としてのよもぎを原料にした火種を使い、火のエネルギーで冷えた体を温めるのは電気よりパワーが大きいに間違い無いです。


病気なったら、治すことが時間がかかります。治せるかもリスクです。病気にならないように日々のケアが大事です! 写真は:よもぎ温補セラピーに使う道具ーお盌(わん)