あなたの口にどんな味にする?七種類の味からみた五臓ーその2

前回口の味は苦く感じることについてお話をしました。今日、私たちは口の味は甘いを感じる人のお話をさせていただきます。


口の中に、甘い感じる人がいれば、脾の関係があります。


主に脾に熱があること、この熱は実熱と虚熱が二種類がありますので、実の熱を持つ方なら、口がよく乾くいつも何か飲みたくなる、大便の方が硬くて、あるいは便秘がちです。小の方は色が黄色ぽい。


この熱は虚熱の場合、疲れやすくて、食欲があまりない、消化機能は丈夫ではないことが多い。糖尿病の方は血糖が高い時、口に甘く感じることが多い。


アドバイス:

清熱潟火のものがいい。虚熱の方は蓮子百合棗煮込みスープをお薦めです。


レシピー

芋魚煮込み

1. 好きな魚でもいい、一本を内臓をとり、準び

2. 鍋が暑くなったら、油で魚を両面を黄色になるぐらい煎じ、

3. それから おなべに水を足します。沸騰まで魚を煮込み

4. お魚を10分ぐらい煮込んだら、芋を適量を入れ、生姜、ねぎ、料理酒2匙、塩を入れ さらに10分ぐらい煮込み

5. 最後に青紫蘇を入れて、2分ぶらい煮込み、胡椒を少々を入れて、完了。

建议:进食些清热泻火之物,如豆腐白菜汤、野苋菜汤等;虚热者可食莲子百合汤、党参山药煲鱼等。


医食同源! 試したら いかがでしょうか?お口に合うようにお祈りします。



特集記事